FOOD

食べる日焼け止め? トマトの秘密

2017/05/18 Last Update: 2017/05/23

毎年、紫外線対策しているのになぜか日焼けしてしまう…もしかしたら、日焼け止めだけ塗っているせいかも?!

もちろん、外側からの対策も必要ですが、体内からも紫外線ケアをすれば、紫外線対策の効果は2倍なんです♡そこで、体内から紫外線ケアをしてくれる「食べる日焼け止め」をご紹介!

 

それは、みんな大好き『トマト』。トマトで紫外線対策できるっと言われても、なんだか疑わしいですよね。でも、ちゃんと紫外線対策できる物質を持っているんです。それは【リコピン】です。可愛い名前ですが、とっても心強い味方!リコピンは、紫外線によって受ける肌ダメージを軽減してくれる抗酸化作用を持っているんです。
リコピンには非常に強い抗酸化力を持っており、ビタミンEの100倍、Bカロテンの2倍という驚異的な強い抗酸化力を持っていることがわかっています。

これにより、シミなどの肌トラブルを体内から予防してくれるということになり、リコピンを継続的に摂ると、日焼けによる肌の赤みを抑えるなど”食べる日焼け止め”として働くようになるので、毎日取り入れたいところ。

 

そしてさらに!トマトは、そのまま生で、食べるのも良いですが、加熱して調理した方が、よりリコピンの働きが良くなるそうなんです。

 

 
美白・美肌効果や、アンチエイジング効果もあるトマトを食べて、今年の夏は日焼け知らずかも?!💞

Page Top