FOOD

いくら食べても太らない?話題の”MEC食”とは

2017/11/20

糖質制限が流行する昨今、今無理せずできる食事制限として注目を集めるのは”MEC食”。これは肉(Meat)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)を略したもので、これを3食の中心として取り入れ、良く噛む習慣をつけると痩身が期待できる、というものです。今回はその注意点などをご指南します!

”MEC食”の注意点

今までダイエットというとサラダばかり食べる、という印象が強いですが、肉(Meat)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)が食べれるとあれば嬉しいですよね。こんな嬉しい”MEC食”ですが、気をつけたいことがあるのでまとめてみました。

◎1日の摂取量
1日の摂取量としては、肉は200g 卵は3個 チーズ120g、が基本です。お肉や卵料理ですと、ご飯と一緒に食べたいものですが、なるべく炭水化物は控えて。
もし食べる場合も肉、卵、チーズを先に食べてからにしてください。

◎30回以上噛む

消化の吸収を促進するために、しっかり一口に30回以上噛むのが鉄則。そうすることで満腹感も得られますし、一石二鳥ですね♡

 

いかがでしたか?おいしくストレスなく続けられそうな”MEC食”ダイエット。お肉は少し値が張りますが、コンビニではサラダチキンなどが気軽に買えますし、外食などでは焼き鳥やステーキなどがおすすめですよ。皆さんもぜひ”MEC食”を意識してみてくださいね!

関連するキーワード :

Page Top